ブックオフグループ
ホールディングスサイトへ

リユース事業の成長を通して持続可能な社会を実現していきます。 リユース事業の成長を通して持続可能な社会を実現していきます。

「売る、買う」が未来の循環へ BOOKOFF SMILE CIRCULATION ブックオフグループが掲げる
モノとコトの
循環型社会のコンセプト

BOOKOFF SMILE CIRCULATION 「売る、買う」が未来の循環へ BOOKOFF SMILE CIRCULATION 「売る、買う」が未来の循環へ

VISUAL

売り買いによるモノの循環と、それによって生まれる笑顔の循環。
その中心にBOOKOFFがあることを、矢印を使ったサークルで表現しました。

笑顔あふれる
持続的な社会を実現する

ブックオフグループは、リユースのリーディングカンパニーとしてお客さまが不用になったモノを売ったり、買ったりするリユースプラットフォームとしての機能を果たします。しかしそれはモノの循環だけにとどまらず、次に受け取った人や関わった人の「笑顔」と「幸せ」も循環させています。
わたしたちは、お客さま、社員、社員の家族、そして関わる全ての人々の未来の世代へ、課題解決された社会を手渡していくこと、そして、笑顔があふれ、幸せな社会を実現していくことをこのコンセプトに込めています。

Our Stance 持続可能な開発目標(SDGs)への姿勢 ブックオフグループは一丸となって
SDGsに取り組んでいます

SDGs × BOOK-OFF SDGs × BOOK-OFF

Our Stance 持続可能な開発目標(SDGs)への姿勢 ブックオフグループは一丸となって
SDGsに取り組んでいます

「SDGs(エスディージーズ)」とは、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称であり、2015年9月に国連で開かれたサミットの中で世界の
リーダーによって決められた、国際社会共通の目標です。
ブックオフグループは、社会の一員として責任をもってSDGsに取り組んでいます。

12 つくる責任 つかう責任

SDGsの
12 つくる責任 つかう責任」に
直結するブックオフグループの事業

BOOKOFFでモノを売ったり、買ったりする行動そのものがモノの寿命を延ばし、捨てるモノを減らすという社会貢献につながっています。これはSDGs 12の目標「つくる責任 つかう責任」を達成させることにおいて、非常に重要な役割となります。これらをはじめ、我々の中心事業であるリユース業を軸に様々な活動を通してSDGs目標達成に貢献して参ります。

循環型社会への過渡期における
ブックオフの役割

お客様に楽しく豊かな生活を提供しながら、循環型社会の形成を加速させていくこと。それが、我々の役割だと考えています。
リユースに「我慢」「窮屈」といったイメージを持つ方も少なくありません。 しかしブックオフグループのリユース事業であれば、暮らしを楽しんでいただきながら、 無理なくごみの削減・モノが循環する社会を形成することが可能であると信じています。

パートーナーシップによって、
循環型社会への推進をリード

古紙の再生紙化・不用品回収・空き家問題などブックオフグループでの取り組みが難しいテーマでは、行政機関や各企業・団体と連携。資源の採取抑制や再利用、廃棄物による環境汚染といった幅広い社会問題の解決に繋げています。関係各所とパートナーシップを結ぶことで、共に循環型社会への推進をリードしていきます。

ブックオフの事業成長そのものが
循環型社会への推進を加速させる

お客さまとのつながりの強化

大型総合リユースショップ
「BOOKOFF SUPER BAZAAR」の出店強化と
ブックオフ公式アプリ登録会員の増加

必要な人に必要なリユース品を届ける

地域特性やお客さま特性にあわせた
リユース品を届ける店舗を増やす

ライフサイクル変化に応じる多様化

あらゆるライフサイクルの変化に対応し
リユース・リサイクル量を増加

after

再利用による循環

不用のモノに価値が付き
欲しいものがお得に

廃棄物を減らす

不用のモノを
循環させる
ことで
ゴミを減らします

再資源化

再利用できないモノは
再資源化しています

具体的な取り組み紹介

不用品の再生による循環

「古紙→再生紙年間約38,566t」「ソフト→再生樹脂に1,481t/年」「衣料→ウエス・海外販売に4,361t/年」「携帯電話→貴金属・部品に30万台/年」外部協力会社を通じて再利用・再資源化を推進しています。

行政との取り組み

行政と連携し、大きな社会問題となっている「空き家」問題やリユースの推進などに取り組んでいます。空き家の専門家やおかたづけ事業者との提携を通じて、空き家にある残置物のリユースと不動産の出口戦略を一体でサポートするチャレンジを進めています。

学校教育への参画

私たちのリユース事業や業務、様々な取り組みについてのカリキュラムを作成し、子供たちに向けて授業を実施しています。ブックオフという身近にあるお店を題材にすることで社会・環境問題を自分事として捉えて考える内容となっています。

クラウドファンディング
「キモチと。」

NPO団体や環境保護活動、社会問題の解決活動、夢や目標をカタチにしようと努力する方たちに、モ ノで応援するプラットフォームです。

特例子会社ビーアシスト

障がい者雇用を行っています。働く意欲のある方に、就労の機会や環境をご提供し、社会への参加や自立へのサポートを行っています。

各種学校との協業

香蘭ファッションデザイン専門学校や多摩美術大学と協業し、店舗で売れずにこれまで廃棄されていた洋服やモノを学生たちがリメイク、アップサイクルなどし、新しい商品価値を提案する取り組みを支援しています。
※写真提供:ファルーカモデルズ

未来へのお約束 「笑顔」と「幸せ」を未来の世代へつないでいく 未来へのお約束 「笑顔」と「幸せ」を未来の世代へつないでいく

私たちブックオフグループは、経営理念として『事業活動を通じての社会への貢献』と
『全従業員の物心両面の幸福の追求』を掲げ、「本」の買取・販売からスタートして
店舗を全国展開し、様々なモノのリユースにチャレンジして参りました。

「本」を中核としたリユースのリーディングカンパニーとして、様々なモノのリユースを通じ、
わたしたちの使命である「多くの人に楽しく豊かな生活を提供すること」を目指し、
そして、その事業活動を担う私たち一人ひとりが成長し、会社が成長を続けることで経営理念を実現します。

私たちが掲げるコンセプト「BOOKOFF SMILE CIRCULATION」は、モノのリユースから生まれる循環を
お客さま、社員、社員の家族、そして関わる全ての人々の未来の世代につないでいくこと、
次の人へ幸せを届け、笑顔あふれる社会を実現していくことを目指します。